ピクセルグリッドが訪ねる、開発の現場 第10回 ピクシブ 後編

後半はピクシブが持っているエンジニアの高い技術力、そして熱量の秘密に迫ります。技術はサービス実現のツールという冷静な考えを持ちつつ、コード書くことを誰よりも楽しむ。そんな文化はどうやって育まれるのでしょうか。

発行

ピクセルグリッドが訪ねる、開発の現場 シリーズの記事一覧

この記事を読むには
購読の手続きが必要です

月額880円(税込)

+

初めてお申し込みの方には、30日間無料でお使いいただけます

小山田 晃浩
PixelGrid Inc.
フロントエンド・エンジニア

2006年よりWeb制作会社にてUI実装や運用業務を経験した後、2010年よりフロントエンド・エンジニアとして株式会社ピクセルグリッドに入社。これまでの経験の大半は大規模Webサイトの壊れにくいHTML/CSS設計、及び実装。また、SVG, Canvas, WebGLの扱いも得意としている。
外部に向けたアウトプットも積極的に行っており、カンファレンスでの講演などを多数こなしている。Tokyo WebGL Meetupの主催者。2011年から2015年まで5連続でMicrosoft MVP for IEを受賞。
著書に『Webデザイナー/コーダーのための HTML5コーディング入門』(共著:エクスナレッジ、2011年3月12日)や『CSS3デザイン プロフェッショナルガイド』(共著:毎日コミュニケーションズ、2011年5月28日)』などがある。

丸山 陽子
PixelGrid Inc.
編集

Mac雑誌の編集者を経験後、フリーランスのエディター/ライターとして独立。パソコン系雑誌やデジタルカメラ雑誌、iPhone/iPadの初心者向け書籍などの編集や執筆に携わる。2015年にピクセルグリッドへ入社し、「CodeGrid」の編集を担当する。

奥野 賢太郎
フロントエンド・エンジニア

音楽業界に飛び込み、音楽制作・ディレクター・DTM科講師などをつとめる。同時期にWebデザインのバイトをきっかけにAngularJSと出会う。その後、フロントエンド・エンジニアへの転身を決心し、自社サービスを運営する企業に入社。設計や実装に携わる。2017年1月に株式会社ピクセルグリッドへ入社。得意分野はAngularを用いたWebアプリケーションの構築。音楽知識を基にしたWeb Audio、Web MIDIの技術にも明るい。2018年7月、退社。