ECMAScript 2015の新機能 第2回 Promise 2

thenやcatch用いてPromiseを繋げて使う方法、複数の非同期処理をまとめて扱う方法について解説します。単に挙動だけでなく、内部でどのような処理がされているか、仕様に沿ってみていきましょう。

発行

著者 山田 順久 フロントエンド・エンジニア
ECMAScript 2015の新機能 シリーズの記事一覧