Preactで始める軽量コンポーネント指向開発 第10回 useContext()を利用する

すべてのコンポーネントをまたいで利用するデータを定義することができるHooksを解説します。また野放図な設計にならないよう注意点についても述べます。

発行

著者 杉浦 有右嗣 Jamstackエンジニア
Preactで始める軽量コンポーネント指向開発 シリーズの記事一覧

この記事を読むには
購読の手続きが必要です

月額880円(税込)

+

初めてお申し込みの方には、30日間無料でお使いいただけます

杉浦 有右嗣
PixelGrid Inc.
Jamstackエンジニア

SIerとしてシステム開発の上流工程を経験した後、大手インターネット企業でモバイルブラウザ向けソーシャルゲーム開発を数多く経験した。2015年にピクセルグリッドへ入社し、フロントエンド・エンジニアとして数々のWebアプリ制作を手掛ける。2018年に大手通信会社に転職し、低遅延配信の技術やプロトコルを使ったプラットフォームの開発と運用に携わっていたが、2020年ピクセルグリッドに再び入社。プライベートでのOSS公開やコントリビュート経験を活かしながら、実務ではクライアントにとって、ちょうどいいエンジニアリングを日々探求している。