12周年記念パーティ開催! 2024/5/10(金) 19:00

データ形式の検証ライブラリ、Zodを使う 最終回 データの変換と遅延評価

検証の際に適切に値を変換する方法や、変換前後の型の違いに注意しながら、Zodスキーマのデータ構造をTypeScriptの型として扱う手法を解説します。また再帰構造の表現も考えてみましょう。

発行

著者 菅野 亜実 フロントエンド・エンジニア
データ形式の検証ライブラリ、Zodを使う シリーズの記事一覧

この記事を読むには
購読の手続きが必要です

月額880円(税込)

+

初めてお申し込みの方には、30日間無料でお使いいただけます

菅野 亜実
PixelGrid Inc.
フロントエンド・エンジニア

高校在学中からフリーランスとしてWeb開発に携わり、卒業後は都内のIT企業にてフロントエンド・バックエンドともに設計・実装の主力となる傍らで、HTML・CSS・VBA・Laravelなどの勉強会講師も経験した。次第にアクセシビリティやグラフィック表現に携わりたいという思いが強くなり、フロントエンドの道を選ぶ。Webクリエイティブに対して幅広い関心を抱くが、CGや画像処理の領域にも関心があり、SVG、WebGL、GLSLを使ったグラフィック表現を探求している。2022年にピクセルグリッドに入社。

この記事についてのご意見・ご感想 この記事をXにポストする