TypeScriptことはじめ 第2回 型注釈と型推論による型の決定

TypeScriptは、静的型付けであることが大きな特徴です。今回は型を決定するための情報である型注釈の書き方と、型注釈がなくても型を決定付けられる型推論について解説します。

発行

著者 奥野 賢太郎 フロントエンド・エンジニア
TypeScriptことはじめ シリーズの記事一覧

この記事を読むには
購読の手続きが必要です

月額880円(税込)

+

初めてお申し込みの方には、30日間無料でお使いいただけます

奥野 賢太郎
フロントエンド・エンジニア

音楽業界に飛び込み、音楽制作・ディレクター・DTM科講師などをつとめる。同時期にWebデザインのバイトをきっかけにAngularJSと出会う。その後、フロントエンド・エンジニアへの転身を決心し、自社サービスを運営する企業に入社。設計や実装に携わる。2017年1月に株式会社ピクセルグリッドへ入社。得意分野はAngularを用いたWebアプリケーションの構築。音楽知識を基にしたWeb Audio、Web MIDIの技術にも明るい。2018年7月、退社。