Rehype Pretty Codeを使いこなす 第4回 コードブロックで使えるレシピ集

コンテンツに生かせるアイデアとして、特定の文字列のハイライト機能の活用法を紹介します。また、Markdownの簡潔さはそのままに、コードブロックに言語名やタイトルの表示も追加できます。

発行

著者 菅野 亜実 フロントエンド・エンジニア
Rehype Pretty Codeを使いこなす シリーズの記事一覧

この記事を読むには
購読の手続きが必要です

月額880円(税込)

+

初めてお申し込みの方には、30日間無料でお使いいただけます

菅野 亜実
PixelGrid Inc.
フロントエンド・エンジニア

高校在学中からフリーランスとしてWeb開発に携わり、卒業後は都内のIT企業にてフロントエンド・バックエンドともに設計・実装の主力となる傍らで、HTML・CSS・VBA・Laravelなどの勉強会講師も経験した。次第にアクセシビリティやグラフィック表現に携わりたいという思いが強くなり、フロントエンドの道を選ぶ。Webクリエイティブに対して幅広い関心を抱くが、CGや画像処理の領域にも関心があり、SVG、WebGL、GLSLを使ったグラフィック表現を探求している。2022年にピクセルグリッドに入社。

この記事についてのご意見・ご感想 この記事をXにポストする