CodeGrid 12th Event Site

ディレクターの存在は制作物の品質を上げるのか? 第2回 なぜ2人で担当するのか

ディレクターが実装者とともに案件を担当することで、品質を管理でき、ユーザー/クライアント/制作者の三者が納得できる制作物をつくることができると考えます。その理由をお伝えします。

発行

著者 高津戸 壮 テクニカルディレクター
ディレクターの存在は制作物の品質を上げるのか? シリーズの記事一覧

この記事を読むには
購読の手続きが必要です

月額880円(税込)

+

初めてお申し込みの方には、30日間無料でお使いいただけます