Google I/O 2019レポート 第1回 I/Oの変化とGoogleの変化

2019年5月7日から9日まで、米国カリフォルニア州で開催された、Google I/O 2019の様子をレポートします。今回はI/Oの変化や会場の雰囲気、そして筆者が感じたここ数年のGoogleの変化について紹介します。

発行

著者 矢倉 眞隆 フロントエンド・エンジニア
Google I/O 2019レポート シリーズの記事一覧

この記事を読むには
購読の手続きが必要です

月額880円(税込)

+

初めてお申し込みの方には、30日間無料でお使いいただけます

矢倉 眞隆
PixelGrid Inc.
フロントエンド・エンジニア

Web制作会社にフロントエンド・エンジニアとして携わった後、とてもやる気のないフリーランサーを経て、2016年10月に株式会社ピクセルグリッドへ入社。Web標準技術やブラウザの実装動向に明るく、イベントでの講演や雑誌・オンラインメディアへの原稿執筆、書籍の監修・監訳などを多数手がける。最近はWebサイト・Webアプリの描画パフォーマンス向上にお熱。Google Developer Expertとしても活動中。