2018年のWebアクセシビリティを振り返る 前編 WCAG 2.1の勧告

2018年のWebアクセシビリティ業界やその取り組みについて、振り返ります。前編では、10年ぶりに勧告されたWCAG 2.1を中心に紹介します。

発行

著者 太田 良典 アクセシビリティエンジニア
2018年のWebアクセシビリティを振り返る シリーズの記事一覧

この記事を読むには
購読の手続きが必要です

月額880円(税込)

+

初めてお申し込みの方には、30日間無料でお使いいただけます

太田 良典
弁護士ドットコム
アクセシビリティエンジニア

HTML仕様の翻訳や解説といった個人活動をしながら、2001年よりビジネス・アーキテクツで大規模企業サイトの制作や管理に従事。Web技術の分野で幅広い専門性を持ち、セキュリティ分野においては「第二回IPA賞(情報セキュリティ部門)」を受賞。アクセシビリティ分野では、ウェブアクセシビリティ基盤委員会(WAIC)の委員として活動している。2017年12月より、アクセシビリティエンジニアとして弁護士ドットコムに所属。著書に『デザイニングWebアクセシビリティ』(共著:ボーンデジタル)など。