実践、Jamstackサイト制作

全4回

Jamstack実践編と題して、初歩的なwebサイトの制作からJamstackでのサイト制作までの過程を順を追って解説していきます。

第1回を読む

最終回 外部データの管理

Webサイトには認証や検索、支払いやデータ管理など、高度な機能が必要な場合があります。Jamstackでは、そのような高度な機能に特化したサービスが提供しているAPIを使うことで、低いコストでその機能をサイトのユーザーに提供することができます。

第3回 JSONやマークダウンを利用したデータの管理

Jamstackアーキテクチャによる開発でも、さまざまな種類のサイトに応じて、必要とされる機能や保守しやすい設計は変わってきます。そこで今回は、JSONやマークダウンでデータを管理することでデータの管理がしやすくなる方法を紹介します。

第2回 ホスティングサービスを使ったサイトの公開

静的サイトジェネレーターと静的サイトホスティングサービスを使ってWebサイトを公開するワークフローは、JamstackアーキテクチャでのWeb開発のもっとも標準的なものです。今回は、その手順を見てみます。

第1回 静的サイトジェネレーターによるHTML生成

Jamstackでのサイト制作にはいくつかのルールがありますが、実際はどのように進めていけばよいのでしょうか。まずは静的なHTMLを生成するところから始めてみましょう。