レスポンシブデザインをめぐる対話

全2回

Webデザインは描画されるメディアがひとつに固定されず、絵画と異なり、ブラウザが描画できないデザインはできません。このシリーズでは、これからのスポンシブデザインをめぐってデザイナーとフロントエンド・エンジニアが対話します。

第1回を読む

後編 誰のためのレスポンシブ?

後編はレスポンシブデザインを実現する技術の話から、そのレスポンシブなサイトを使うユーザーの使いやすさに話は移っていきました。

前編 これからのレスポンシブデザイン

Webデザインは描画されるメディアがひとつに固定されず、ブラウザが描画できないデザインはできません。そんな難しさがよく現れるのが「レスポンシブデザイン」と呼ばれる手法です。制約の中、どうやってよりよいデザインを実現するのか、デザイナーとフロントエンド・エンジニアが対話します。