よりよいメールアドレス入力欄を求めて

全5回

メールアドレス入力のUIでは、「誤入力回避方法」として繰り返し入力を求めることが多々あります。しかし、これは本当にユーザーにとってよい方法なのでしょうか。このシリーズでは、もっとよい方法はないかを考えます。

第1回を読む

最終回 フォームをHTMLに落とし込む

デザイナーが作成したフォームデザインをHTMLに落とし込む作業をしましょう。フォームをマークアップする際、エンジニアがどんなことを念頭に置いて設計しているのか、その意図をみていきます。

第4回 デザインの考察:確認用メールアドレス表示ほか

デザインの考察の後編です。今回は、確認用のメールアドレス表示、登録ボタン、エラー通知部分のデザインを検討しています。どのような点に着目し、何に配慮しているかを見てみましょう。

第3回 デザインの考察:メールアドレス入力欄

シリーズで検討してきたUIを、実際のデザインに落とし込んでいきます。デザインはUIを含め、一連の操作をまとまったひとつの全体としてユーザーに届けるために、とても重要なものです。

第2回 UIの考察:改善策

繰り返し入力を求めるメールアドレス入力欄が抱えていた、問題点の洗い出しができました。それを元に、新たなUIを考えていきます。

第1回 UIの考察:問題点の洗い出し

メールアドレスの入力欄において、誤入力回避として繰り返し入力を求めるという方法はよくあります。しかし、もっとよい誤入力回避方法はないのでしょうか。まずはその問題点を洗い出します。