一から始めるFirebase

全6回

Googleが提供しているアプリケーションのためのバックエンドサービス、Firebaseの利用方法を解説するシリーズです。WebアプリケーションのバックエンドとしてFirebaseを使う方法を紹介していきます。

第1回を読む

最終回 ファイルのアップロード

Firebase Storageを使ってファイルをアップロードを行います。ファイルの管理はデータベースで行うので、ファイルの情報をデータベースで管理しましょう。

第5回 データベースの設計

データベースの設計方針について解説します。データベースの扱いは多少のクセがあるので、コツを抑えておきましょう。また、Firebaseにおける配列の扱いについても注意が必要です。

第4回 データベースを操作するメソッド

データベースを操作するAPIに関して、より詳しく解説します。4つのメソッドの使い分けを見てみましょう。

第3回 ユーザー認証機能の実装

FirebaseのAPIを使用して、ユーザー認証の機能を実装します。認証にはGoogleアカウントや、Twitter、Facebookなど、さまざまな手段が用意されています。

第2回 データベースのリアルタイム変更

作成したプロジェクトにコードを追加して、データベースのデータを読み書きする方法について解説します。その前に、まずはFirebase CLIでプロジェクトの初期化を行いましょう。

第1回 サービスの特徴と環境整備

WebアプリケーションのバックエンドとしてFirebaseを使う方法を紹介します。まずはその特徴や、プロジェクトを構築していくための準備を見てみましょう。