ES2015標準のデータ構造

全3回

すでに仕様策定済みであるES2015では、Map、WeakMap、Set、WeakSetの4つの新しいデータ構造が追加されています。このシリーズでは、ES2015の標準ともいえるこれらのデータ構造の特徴と、使いこなしを解説します。

第1回を読む

最終回 WeakMapとWeakSet

WeakMapとWeakSetは、これまで紹介したMapとSetのデータ構造を持ちます。同時に「弱い参照」といわれる特徴があり、参照されなくなるとメモリ上からすぐに削除されます。この特徴を詳しく解説します。

第2回 Set

今回はユニークな値のみを持つという特徴がある、Setを紹介します。基本的な文法がわかったら、その特徴がどのような場面で活きるか、またどのような場面には不向きなのかを解説します。

第1回 Map

ES2015では、Map、WeakMap、Set、WeakSetの4つの新しいデータ構造が追加されています。第1回目は、値と値を関連付けるMapの特徴と、その使いどころを解説します。