Falcorで実現する効率的なfetch サーバー編

全3回

このシリーズではFalcorを使うにあたって必要となるサーバーサイド側の実装を取り上げていきます。数種類のライブラリを組み合わせることで、基本的な実装をこなすことができます。

第1回を読む

最終回 リソースの更新と削除

setメソッド、callメソッドによるリソースの更新や削除について解説します。データのありかを参照するReference型のルーティングがすでにできていれば、どのメソッドからでもその参照を利用することができます。

第2回 リクエストのルーティング

複数のPathにマッチするリクエストをルーティングする方法を解説します。数種類のパターンマッチを使ったり、リクエストを受けた際に特定の参照先を渡したり、効率的なルーティングが可能です。

第1回 サーバーサイド実装の概要

Falcorを使うにあたって必要となるサーバーサイド側の実装を解説します。まずは、サーバーサイド実装のあらましを、単純なPathのリクエスト応える実装を行いながら確認しましょう。