picture要素による画像表現 後編 子要素のsource要素

picture要素の子要素となるsource要素、img要素を使い、Viewportによる画像の出し分けや、画像フォーマットの出し分けを実装します。また、最終的にどのような使い方が現実的か指針を示します。

発行

著者 坂巻 翔大郎 フロントエンド・エンジニア
picture要素による画像表現 シリーズの記事一覧

この記事を読むには
購読の手続きが必要です

月額880円(税込)

+

初めてお申し込みの方には、30日間無料でお使いいただけます

坂巻 翔大郎
PixelGrid Inc.
フロントエンド・エンジニア

大手ソフトウェアダウンロード販売会社、Web制作会社などで、マークアップエンジニア、プログラマ、サービス企画、ディレクターを経験。2013年、株式会社ピクセルグリッドに入社。HTML、CSS、JavaScriptなどをオールラウンドに担当。とりわけ、プログラマブルなCSSの設計、実装を得意とする。
趣味で作成したゲーム「CSS PANIC」は、JavaScriptを一切使わず、HTMLとCSSのみで実装。海外サイトで紹介されるなど話題となった。