生きたスタイルガイドのためのKSS 第3回 テンプレートを理解する

KSSは、KSS単体でスタイルガイド生成に必要なすべての機能をまかなう方法を採っていません。テンプレートと組み合わせて生成を行います。この記事ではその連携の仕組みや、実装方法を押さえます。

発行

著者 山田 順久 フロントエンド・エンジニア
生きたスタイルガイドのためのKSS シリーズの記事一覧

この記事を読むには
購読の手続きが必要です

月額880円(税込)

+

初めてお申し込みの方には、30日間無料でお使いいただけます

山田 順久
PixelGrid Inc.
フロントエンド・エンジニア

HTML・CSSのコーディング、後にJavaScriptの設計や実装を主業務として経験を積む。キャンペーンサイトやコーポレートサイトの、動きと操作性に工夫を凝らしたUI実装を多く手がけている。複雑なWebアプリケーション実装における、コンポーネント的な考え方を念頭においたJSの設計を得意とする。
著書に『JavaScriptエンジニア養成読本』(共著:技術評論社、2014年12月11日)がある。