toLocaleString()の使い方 数値と日時の整形

金額を扱うケースや多言語・多地域のユーザーを想定するWebサイトで使うことが多いtoLocaleString()メソッドを解説します。数値や日時の整形を見てみましょう。

発行

著者 渡辺 由 フロントエンド・エンジニア
toLocaleString()の使い方 シリーズの記事一覧

この記事を読むには
購読の手続きが必要です

月額880円(税込)

+

初めてお申し込みの方には、30日間無料でお使いいただけます

渡辺 由
PixelGrid Inc.
フロントエンド・エンジニア

Web制作会社、ECサイト運営会社にてマークアップや社内システム構築を担当したのち、大学の研究室のエンジニアとしてデータベースや解析ツールなどのWebアプリケーション開発に従事。インフラやサーバーサイドを含め、Web技術全般を幅広く経験したが、いま最も興味があるのはJavaSciptやCSSやUIの設計。2021年にピクセルグリッドに入社。