ただいま新デザインバージョンのプレビュー中です。旧バージョンはこちら。不具合等はお問い合わせより報告お願いいたします。

::beforeと::afterを使った表現事例 第1回 三角形の作成

::before疑似要素と::after疑似要素は、Webデザインで装飾の役割で利用するのにも適しています。ここでは、リンクの目印となる三角形を作成する方法を紹介します。

発行

著者 小山田 晃浩 フロントエンド・エンジニア
::beforeと::afterを使った表現事例 シリーズの記事一覧

この記事を読むには
購読の手続きが必要です

月額880円(税込)

+

初めてお申し込みの方には、30日間無料でお使いいただけます