読みやすいコードを書くためのヒント 第4回 影響範囲を意識する

オブジェクトなどの状態や値に影響を及ぼす処理が含まれている場合、その影響範囲を掘り起こしながらコードを読むのは大変負荷がかかります。その影響範囲を把握し、不必要な影響をなくす方法を考えます。

発行

著者 宇野 陽太 フロントエンド・エンジニア
読みやすいコードを書くためのヒント シリーズの記事一覧

この記事を読むには
購読の手続きが必要です

月額880円(税込)

+

初めてお申し込みの方には、30日間無料でお使いいただけます

宇野 陽太
PixelGrid Inc.
フロントエンド・エンジニア

大手ソフトウェアダウンロード販売会社、ソーシャルアプリケーションプロバイダーなどで、デザイナー、マークアップ・エンジニア、フロントエンド・エンジニアとして、主にスマートフォン向けゲームの開発に携わる。2015年1月に株式会社ピクセルグリッドに入社。
MVCフレームワークを用いたJavaScriptの実装や、メンテナブルなCSSの設計を得意とする。