マイクロインタラクションの作り方 前編 CSSとSVGで作るインタラクション

ユーザーインターフェースの操作時に起こる小さな反応は、マイクロインタラクションと呼ばれます。マイクロインタラクションは効果的に使うと、操作感を高める効果があります。ウェブでの基本的な作り方をおさえていきましょう。

発行

著者 池田 泰延 テクニカルディレクター
マイクロインタラクションの作り方 シリーズの記事一覧

この記事を読むには
購読の手続きが必要です

月額880円(税込)

+

初めてお申し込みの方には、30日間無料でお使いいただけます

池田 泰延
ICS
テクニカルディレクター

株式会社ICS代表、筑波大学非常勤講師。ウェブ制作会社でFlash制作の経験を積んだ後、フリーランスを経て、東京で株式会社ICSを立ち上げる。フロントエンドのテクニカルディレクターとして、WebGLを駆使したモーショングラフィックスと、レスポンスの高いユーザーインターフェースの開発を得意とする。ICS MEDIAの編集長としても活動中。今までに執筆した書籍は13本。近著に『JavaScriptコードレシピ集』(技術評論社)がある。