Composition Eventsを理解する 第1回 Composition Eventsの仕様とブラウザ対応

UI Eventsはユーザーによるマウスやキーボードなどの入力操作を取り扱うために実装されている仕様です。その中でもComposition Eventsは特に中国語、日本語など特定の言語に特有な操作である「変換」の状態にも対応できるのが特徴です。

発行

著者 國仲 義則 フロントエンド・エンジニア
Composition Eventsを理解する シリーズの記事一覧

この記事を読むには
購読の手続きが必要です

月額880円(税込)

+

初めてお申し込みの方には、30日間無料でお使いいただけます

國仲 義則
PixelGrid Inc.
フロントエンド・エンジニア

ECサイトで商品登録や電話対応などの傍ら、独学でWebコンテンツ制作を学び、学習で得た知見をブログで公開していた。HTML、CSS、ビュー周りのJavaScriptを主に担当。CSSアニメーション・トランジションを使用した印象的な表現を得意とする。特に、2011年と2013年の2度にわたって作成した「CSSとSVGによる曇りガラス効果」(BlogCodePen)は、似たような表現が使われているiOS 8の発表後に国内外で注目された。2017年にピクセルグリッドに入社。