キャッチアップwebpack 後編 従来プロジェクトのwebpack4への対応

webpackバージョン3で運用していた設定ファイルをwebpack4に対応する方法を解説します。設定ファイルの書き換えが必要になるのは、主にプラグインの設定なので、その設定を中心に紹介します。

発行

著者 藤田 智朗 フロントエンド・エンジニア
キャッチアップwebpack シリーズの記事一覧

この記事を読むには
購読の手続きが必要です

月額880円(税込)

+

初めてお申し込みの方には、30日間無料でお使いいただけます

藤田 智朗
PixelGrid Inc.
フロントエンド・エンジニア

Web制作会社、システム開発会社を経て、主にフレームワークを用いたサーバーサイドとフロントエンドをまたいだB2Bシステムの開発に従事。そのかたわら、JavaScriptへの興味が尽きず、静岡JavaScript勉強会の開催や、JavaScript関連の公式ドキュメントの翻訳などを行う。個人の活動として、JavaScript関連のライブラリやフレームワークなどの公式ドキュメントを翻訳したjs STUDIOを運用している。