制作業務のコミュニケーション わかりやすいバグ報告

「バグ報告」をよりわかりやすくする方法を解説します。最低限必要なこと、バグの原因が見えかけたら、さらに必要になる情報など、段階によって情報を精査することがポイントです。

発行

著者 大杉 充 テクニカル・ディレクター
制作業務のコミュニケーション シリーズの記事一覧

この記事を読むには
購読の手続きが必要です

月額880円(税込)

+

初めてお申し込みの方には、30日間無料でお使いいただけます

大杉 充
PixelGrid Inc.
テクニカル・ディレクター

主にディレクターとして、制作工程全体の効率化を行いながら、数百サイトのコーディングに携わる。またそれらの経験を活かしセミナー講師も勤めている。漠然としたイメージや状況をうまく把握し、最適なアドバイスや提案につなげることが得意。
著書に『Web制作者のためのGit入門』(共著:マイナビ、2014年6月28日)がある。