GitHub Actionsで効率的な作業を目指す

全6回

ユースケースを中心に継続的インテグレーション、GitHub Actionsについて解説するシリーズです。

第1回を読む

最終回 独自アクションの作成

GitHub Actionsのアクションを独自に作成してみます。基本的な事項を押さえつつ、任意のチェックリストを設定したPull Requestを自動作成するアクションを設定します。

第5回 データの永続的保持

GitHub Actions内には通常、データを保持することができませんが、必要に応じて、永続的にデータを保存することもできます。データ保存に必要な2つの機能について解説します。

第4回 テスト+パッケージ公開を自動化する

これまで解説したJestによるテストとGitHub Packagesの公開作業を一連の作業として自動化します。テストにパスしたら、公開するように設定してみましょう。

第3回 GitHub Packages公開を自動化する

GitHub Actionsを使ってGitHub Packagesにnpmでインストールできるパッケージの公開を自動化します。簡単なNode.jsで動作するツールを作り、公開してみましょう。

第2回 Jestでのテストを自動化する

GitHub Actionsで単体テストのJestによる実行について解説します。リポジトリにpushするのをトリガーに、Jestのテストによるチェックをかけてみましょう。

第1回 GitHub Actionsを試してみる

GitHubで行うアクションをトリガーに任意の処理を実行できる継続的インテグレーションGitHub Actionsを紹介します。第1回目はまず使い心地を体感するため、必要な設定などを解説します。