Web API入門

全5回

サービスが持つデータやプログラムを使うために、Web APIを利用する方法を解説します。GitHub APIを例に、一から丁寧に学んでみましょう。

第1回を読む

最終回 次世代のAPI、GraphQL

前回まではREST APIという設計モデルでつくられたAPIを解説してきました。最終回となる今回は、次世代のAPIといわれるGraphQLについて解説します。

第4回 データ取得の条件指定とページネーション

GitHub APIでは、条件を指定してGETリクエストを送ることで、必要なデータだけを絞り込んだり、ソート順を指定してデータを取得することができます。その方法を見てみましょう。

第3回 データの作成、更新、削除

Web APIには、データの取得だけでなく、新規作成や更新、削除の機能が用意されているものもあります。今回は、GitHub APIに用意されているユーザー情報の更新機能を使って、APIからデータの更新を行ってみましょう。

第2回 アクセストークンによる認証

アクセストークンによるユーザー認証について詳しく解説します。認証することによって、閲覧権限が必要な情報にアクセスしてみましょう。

第1回 APIの概要とデータの取得

サービスのデータやプログラムを外部から利用できるWeb APIの使い方を解説していきます。まずはWeb APIの役割を理解し、データを取得してみましょう。