Headless Chromeによるブラウザ操作の自動化

全7回

Headless ChromeとはブラウザのGUIを表示しない状態でChromeを実行することを指します。ブラウザそのものを使用することで、より精度の高いブラウザシミュレーションを可能とするHeadless Chromeの利用方法を解説します。

第1回を読む

最終回 PuppeteerではじめるE2Eテスト-4

E2EテストをCI上で動かす方法を紹介します。これまでとは異なり、テストの実行環境がCI上となるので、いくつかの配慮が必要です。

第6回 PuppeteerではじめるE2Eテスト-3

画面数が多い場合など、目視による確認では限界があることがあります。そんなときは、JestとPuppeteerを利用したビジュアルリグレッションテストを適用することで、メンテナンスコストをかけずにテストすることができます。

第5回 PuppeteerではじめるE2Eテスト-2

テストの規模や複雑さが増すと、前回紹介したE2Eテストの手法から改善したくなる部分が出てきます。Jest Puppeteerというプリセットを利用して解決してみましょう。

第4回 PuppeteerではじめるE2Eテスト-1

テストツールであるJestを併用し、PuppeteerによるE2Eテストの導入方法を紹介します。まずは、各ページを巡回して実行時エラーが発生してないかを確認するテストの方法です。

第3回 利用頻度の高いAPIの使い方と実装例

非同期処理を考慮したUI操作と値の取得、それらを用いた具体的な実装例について紹介します。

第2回 Puppeteerの利用

Headless Chromeをより簡単に利用可能にするPuppeteerを紹介していきます。シンプルな記述でさまざまな処理を行えます。

第1回 Headless Chromeの基本機能

ブラウザのGUIを表示しない状態でChromeを実行するHeadless Chromeの基本機能を解説します。プログラムからHeadless Chromeを起動し、リモートで実行状態を確認したり、プログラムからWebページを操作してみたりしましょう。