RxJS入門

全4回

このシリーズでは「リアクティブプログラミング」という考え方に基づいて構築されているライブラリ、RxJSの基礎知識と使いこなしを解説します。初めてRxJSに触るプログラマ向けです。

第1回を読む

最終回 ストリームを操作する 2

前回に引き続き、RxJSのオペレータを紹介します。今回はストリームに流れる値そのものを加工する働きを持ったものです。動作だけでなく、使いどころや、ほかのオペレータとの組み合わせについても併せて解説します。

第3回 ストリームを操作する 1

ストリームの中の値を一定の条件に従って操作するメソッドをオペレータと呼びます。この記事では、オペレータの基礎をおさえながら、値をフィルタしたり、間引いたりするオペレータを解説します。

第2回 RxJSの基本

ストリームへの変換、ストリームの購読の開始と停止など、RxJSの一連の処理の基礎的な構文などを解説します。また、RxJSを使い始めたばかりの人が、よくやってしまいがちな実装の注意点についても述べています。

第1回 RxJSとは

RxJSは、リアクティブプログラミングという考え方のもとに構築されているライブラリです。「いつ起こるかわからない処理」の扱いを、一貫性を持って書くことができます。 まずはコード例で、その感触をつかんでみてください。