ただいま新デザインバージョンのプレビュー中です。旧バージョンはこちら。不具合等はお問い合わせより報告お願いいたします。

これから始めるReact.js

カテゴリー
JavaScript
React
全8回

Facebook社が開発しているライブラリ、React.jsを開発に取り入れてみようと思っているReact初学者向けのシリーズです。React.jsの特徴から一通り使いこなせるようになるところまで、じっくりご案内します。 第1回を読む

第1回 React.jsとは

Facebook社が開発しているライブラリ、React.jsを開発に取り入れてみようと思っているReact.js初学者向けのシリーズです。第1回目はReact.jsの特徴について、既存のライブラリとの相違にも着目しながら解説します。

第2回 コンポーネントの基本

React.jsの基礎となるコンポーネントについて、その概念から実装の基本を解説します。コンポーネントという言葉は頻繁に使われるので、React.jsでいうところの意味を、コードとともにしっかり押さえましょう。

第3回 JSX記法のつまづきポイント

React.jsのJSX記法について間違いやすいポイントと、なぜそれがエラーになってしまうのか、その理由を解説します。このポイントを意識していないと、簡単なコードを書くにもReact.jsを使いこなす以前のところで詰まってしまう可能性があります。

第4回 実用的なコンポーネント

これまで解説したコンポーネントの基礎的な知識を踏まえ、コンポーネントが受け取る型の指定、コンポーネントのライフサイクル、Statelessコンポーネントなど、より実用的な事項について解説します。

第5回 アプリケーションの設計

コンポーネントを組み合わせて、簡単なECサイトを作りながら、React.jsでのアプリの設計、実装方針、実装手順などを解説していきます。これまで解説した設計思想を生かした実装とはどういうものか、体験してみましょう。

第6回 データ表示とアクションの実装

前回は、ECアプリケーションの全体設計を考え、ひとまずStatelessなコンポーネントでモックのHTMLを置き換えるところまでを行いました。今回はデータの流れや、ユーザーのアクションに対する応答を実装します。

第7回 props.childrenを活用する

アプリケーションが大規模になり、コンポーネントの入れ子が複雑になってくると、見通しが悪くなることがあります。そこでコンポーネント構造をなるべく浅く保つこともできるchildrenの使い方を解説します。

最終回 React.jsにおけるスタイル指定

React.jsのスタイル指定は、従来通りCSSを読み込む方法のほか、JSX内にインラインでスタイル指定をする方法があります。この記事ではインラインでスタイル指定をする際の方法、および注意点を解説します。