Electronではじめるデスクトップアプリ開発

全4回

HTML、CSS、JavaScriptをパッケージしてデスクトップアプリケーションが作れるElectron。Webベースのサービスをパッケージし、より手軽に利用することもできます。セキュリティへの留意など開発のポイントも含め、ていねいに解説します。

第1回を読む

最終回 ページ内検索とリンクの動作

アプリケーションの作り込みをすすめます。ElectronではChromiumというブラウザエンジンが使われており、Electronが用意したAPI経由で、その機能(API)を利用することができます。しかし、UIは自分で実装する必要があります。

第3回 HTMLの表示とセキュリティ

今回はmdをHTMLに変換して表示する実装を解説します。このとき注意しなければいけないのは、意図せずにセキュリティの穴を作ってしまうことや、悪意のあるコードが実行される可能性です。最低限のセキュリティを確保する考え方を紹介します。

第2回 メニューとその動作の実装

Electronのアプリケーションにメニュー項目とそれに伴う動作を実装します。ここではファイルを開くという基本動作に焦点を絞って解説します。Electronではメインプロセスとレンダラプロセス間で通信を行い、ファイル内容を表示します。

第1回 Electronに触ってみる

第一回目はElectronの開発環境を整え、HTMLファイルを開くだけの簡単なデスクトップアプリケーションを作って、一連の流れを体験してみましょう。そのポテンシャルの一端に触れてもらうことができます。