プロキシアプリで開発をスムーズに

全2回

このシリーズでは、プロキシアプリケーション「Charles」の使いこなしを紹介します。ファイルマッピング、通信速度の変更、APIから受け取るデータの上書きなど、開発のさまざまな場面で役立ちます。

第1回を読む

後編 Charlesの実践

Charlesの実践的な使いこなしを解説します。データの上書き、通信速度のシミュレーション、ブレークポイントの設定、モバイル端末のリクエストを扱うなど、多様な開発環境を手軽に構築できます。

前編 Charlesの基本

Charlesというプロキシアプリケーションの使いこなしを解説します。今回は基本的な設定方法からファイルマッピングの使い方までを紹介。開発のさまざまな場面で役立てましょう。